脱毛の原因

幹細胞により生成される生来のタンパク質であり、標的細胞表面の受容体に結合します。
成長因子は局所的な環境で作用します。

・生物活性を制御することにより標的細胞を活発に保ち、栄養状態を整えます。
・局所的な環境でのみ活性化するため、血流に乗って体の他の部位へ移動しません。
・加齢とともに衰える生物活性を補い高めます。
  →成長因子生成
  →創傷治癒及び損傷経路の修復
  →コラーゲンおよびエラスチンの生成
  →細胞の分化及び増殖

脱毛の原因

・頭皮の健康状態が毛髪の成長および髪質に影響を与えます。
・毛包は化学処理、栄養不足、ストレス、環境的危険因子、塩素、医薬品によって損傷を受けることがあります。
・テストステロンより変換したジヒドロテストステロン(DHT)は毛包の縮小を引き起こします。しかしすべての男性にテストステロンがあるのに対して男性がみな脱毛を経験するとは限りません。
・損傷を受け、縮小した毛包は効果的に毛髪を作り出すことができず、徐々に死滅します。

毛周期

現在の治療法

フィナステリドはジヒドロテストステロン(DHT)をブロックします
 →気分変動、発疹、勃起不全、性欲減退などの副作用

血管拡張剤であるミノキシジルは毛包への血液供給を増加させ発毛を促します
 →高価であり、効果が見えるまでに6ヵ月間の使用が必要となります
 →効果の維持には定期的な使用の継続が必要です

AAPE

「脂肪組織由来幹細胞のタンパク質「抽出物」を用いて製造し、毛髪の産生に直接関与する成長因子の分泌を促します」

この原料および方法は科学的に適切なものでしょうか?
 ・脂肪組織由来幹細胞の「抽出物」は成長因子ではありません
 ・細胞培養の脂肪組織由来幹細胞(AAPE) VS 若い線維芽細胞(Benev)
 ・成長因子がみな毛包にとってよいものであるとは限りません

よりよい治療法

BENEV社のGF Hair CareComplexは頭皮の健康の根本的な問題に焦点を当てた脱毛の画期的な治療法です。

・ヒト毛包の毛乳頭細胞の増殖を促します。
DHTによる損傷から保護するには毛包の健康状態の改善が最善の方法です。
頭皮および毛包が健全になれば、健康な毛髪の成長に障害となるものはありません。

・細胞源が適切であることは重要です。特別な濾過過程を経る必要があります。
頭皮は非常に薄いため、浸透および効果を最大限に発揮するためにタンパク質媒体から
毛髪の成長に必要でない重いタンパク質を取り除き、精製します。

・頭皮は「肌」であり、適切なケアが必要です。成長因子は健康な頭皮および
若返りの過程を促します。

治療スケジュール

必要がある場合または担当医からの勧めがあった場合、年1~2回の維持療法を実施します。
推奨される自宅療法を実施することによって治療を後押しします。

このサイクルの目的は、より健康な毛髪を早く産生するために休止期および成長期(毛髪の成長周期と一致していると考えてください)を速めることにあ ります。サイクルのバランスを調整することによって弱った毛髪を速いサイクルにし、弱った毛髪が脱落して新しい毛髪が成長できるようになります。休止期に 生じる一時的な脱毛は患者にも明らかであると思われます。毛髪が抜けた(脱落)後は空白期となり、毛包は空になります。このサイクルによって毛髪の再生も 早まります。



 

一般診療(皮膚科/アレルギー科)